自信が、満ちる。

コンテナに混ざってやってきた、イギリスからの木材(英文字がはいっているやつ)も一緒に
高砂ショウハウスの納屋から運び出された廃材(※)は、無事現場へ入りました。

d0250148_23232478.jpg




















「えらいベッピンさんが来たもんや。」
大工さんにしげしげと眺められています。

d0250148_23233238.jpg





















これをどう貼るのか、大工さんと打合せ。

「廃材だけに、目が空(す)くかもよ?」(隙間ができるという意味)
「いいですよ。」
「格好悪いぞ、最初から何㎜か間隔空けて貼ろうか?」」
「わざわざ空けなくて良くて、でも空いてしまう分には全然OK。」
「・・・そんなん、ええの?」

「いや、きれいに仕上げたらあかんねんから・・・。」(←合言葉)

「イギリスから来た子は、一番目立つ場所に貼ってくださいな。」
「目立つ場所ったら、そら1500やの。」(床から1m50㎝の高さ・目線とちょうど同じくらい)

d0250148_23233510.jpg





























ということで後日やってきてみたら、どや。
・・・長押(なげし)?

d0250148_23231456.jpg

























「ちょうど目線にバチッと入るわ。」
「ワシ、一生懸命考えたんやで。」

あ、ありがとうございます。

「触ったら手が汚れるかもよ。」
「いっぺん水拭きした方がえんちゃう?」

「いや、きれいにしたらあかんねんから・・・。」(←合言葉)


「ここにペンキとか、ブシャーッてかけるんやろ?」
「そうそう、いろんな色混ぜてな、汚い感じに。」

そこまで、しませんけど。笑
職人さんたちとのに会話は楽しいです。

d0250148_23251311.jpg





























さあ、廃材を貼り終わり、建具も入りました。

d0250148_23231018.jpg






















玄関ドアも塗装しました。(内側のみ)

d0250148_23232984.jpg

































給湯器もつきました。
三点給湯(キッチン・洗面・風呂)は、現代の住宅として必須の要素だと考えています。

d0250148_23262799.jpg































洗面台もつきました。

d0250148_23233870.jpg

































キッチンもつきました。

d0250148_23265977.jpg






















人の暮らす場所としての大枠が整い、いよいよ大詰め。

部屋の中に自信が満ちてきました。
もうすぐ仕上げです。















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
年末年始休業:12月28日(水)~1月4日(水)
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます

GIO INTERIOR WORKS FBページ
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-12-29 16:14 | 仕事のこと

イエという場所で営まれる、日々の暮らし。平凡で愛おしい、あるある~な日常、ときに事件!?イエ×ヒト・愛のレポートを神戸からお届けします!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30