カーテンのお話

こんにちは!
インテリアコーディネーター&整理収納アドバイザーkanakomです。

今日はカーテンのお話です。

あちこちでお話ししていますので、またその話!?と思われる方も
中にはおられるかもしれませんが、ちょっとだけおつきあいくださいね^^

カーテンは唯一外から見えるインテリアアイテムです。
窓辺から見えるカーテンは、想像以上に家の印象を左右するものなのです。
d0250148_193861.jpg

※写真はマナトレーディング様よりお借りしています

お客様へアドバイスさせて頂く場合やセミナーでお話しする場合、必ず申し上げるのが
「外から見てどうかを意識してください」ということです。

ここはリビング、ここは寝室、ここは子供部屋だから、と
中からの目線を優先してそれぞれ違う色柄・スタイルでカーテンを決めていくために
家の外観がイタタ・・なことになるケースが、残念ながら多いように思います。

自分の家だから、好きなように選んで何が悪いの?というご意見は最もなのですが
家は自分のものでありながら、街並みを構成する重要なファクターの一つでもあります。

道路に面する数ヶ所の窓のうち1か所だけ、キャラクターもののカーテンがゆらゆら・・
景観、住まい手の人物像、住まい方などなど
比較的容易に想像できると思います。


先日、ご新築のお客様がちょっと相談したいとのことでお話を伺うと
某カーテンショップの店員さんに
この窓はこう、その窓はこうで、あの窓はこうするといいですよとアドバイスされたとのこと。
家の正面に並ぶ窓にかかるカーテンが、色柄もスタイルも全てバラバラでした。

内観・予算重視の提案というのがすぐに分かる内容でしたが
曲がりなりにもプロなのに・・・少しガックリきてしまったのでした。

一応、上記のような私の考えを申し上げ
図面を広げながら説明とアドバイスをさせて頂き、共感・納得頂いたのですが
予算的に量販店での施工を考えたいとのことで、その日はお帰りになりました。

「予算的に・・・」悩ましい言葉です(苦)




クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 
[PR]
by gio06 | 2012-06-17 20:27 | interior

イエという場所で営まれる、日々の暮らし。平凡で愛おしい、あるある~な日常、ときに事件!?イエ×ヒト・愛のレポートを神戸からお届けします!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30