上手く縁を切る

こんにちは!
インテリアコーディネーター&整理収納アドバイザーkanakomです。

輸入住宅の仕事をするようになってから特に感じているのは
同一空間内のクロス(壁紙)を数種類貼り分けたいというご希望がとても多いということです。

”この壁はこれ、その壁はそれ、あの壁はあれを貼りたいの”と
面ごとにクロスをご指定頂くケースもよくあります。

空間のバランスがとれて全体が調和していれば
(調和させるのもインテリアコーディネーターの仕事ですけれども)
細かく貼り分けてもインテリア的には問題ないといえばないのですが
どうにも避けて通れない施工上の問題が発生してくるのですね。

例えば建具などで仕切られていないオープンなLDK、
このリビング・ダイニング・キッチンのクロスをそれぞれ別なものにしたいという場合
クロスをどこで切り替えるかというのがとても重要で
必ずしもお施主様のご希望(イメージ)通りにはならないことが結構多いのです。

あえてぼかしていますよ。
d0250148_133288.jpg

クロスは同一面上で突然ブツっと切り替えることができないので
(技術的にできないのではなく、見た目非常に滑稽なのでやらないのです)
見切り材などを間に挟むなりして切り替えをスムーズにしてあげなくてはなりません。
これを”縁を切る”といいます。

こうなるとお施主様は、想像していなかった部分に木枠を入れていいですか?とか
曲線の垂れ壁を直線にしてもいいですか?とか言われたりして(kanakomに)
とっても悩まれるわけです。

そして悩まれている間に、設計さん・kanakom間でも
「ここで(切り替え)するか・・?」
「ん~出隅は勘弁です・・」
「じゃあここまでいく(貼る)か?」
「そうなりますか・・」
お互い頭の中で空間を組み立てながらBest案を探っていきます。
(余談ですが、こういうとき脳みその日常使わない部分をすごく使ってる感があります 笑)

クロスの見本帳をめくっていると、あれも綺麗、これも使いたいと
夢が膨らんでワクワクした気持ちになりますね^^
こんなに大変なことだったなんてー・・と言われることも多いのですが
それも家造りのプロセスとして是非楽しんで頂きたいと思います。
問題は一つずつクリアにしていけばいいのですから、ね^^





クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 
[PR]
by gio06 | 2012-03-22 14:46 | 仕事のこと

イエという場所で営まれる、日々の暮らし。平凡で愛おしい、あるある~な日常、ときに事件!?イエ×ヒト・愛のレポートを神戸からお届けします!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30