カテゴリ:旅のこと( 3 )

台湾グルメ

『芒果雪花冰』
冷たい食べものなど、めったに口にしない私ですが(冷え性なのでね)
台湾へ来たならこれは食べなければ!と、迷わず注文したマンゴーかき氷。
200元くらいでした。(1元約4円)
d0250148_14580807.jpg


















凍らせたミルクを削り、マンゴーと練乳をどっちゃり。
いわゆる日本の「かき氷」とは全く異なるシロモノですよ、衝撃の美味しさ!

イチゴもあるよ~。
d0250148_14580042.jpg


















大きな器にてんこ盛りの2品、完食は無理ぃ~と思ったのも最初だけで
4人(大人2・子ども2)でペロリといってしまいました。




こんにちは!
ジオ インテリアワークスkanakomです。

旅のまとめ、最終回はグルメ編。
こうしてふり返ってみると、やっぱり結構食べてますね。
2㎏増量したのも納得というか・・・あ、増えた分はどうにかこうにか落としました。。

ではいきましょう!


『小龍包』
これは外せませんね~。
特にお店を調べたりはしませんでしたが、どこで食べてもハズレなしの美味しさ。
だいたい100~200元くらい。
d0250148_14563336.jpg





















『胡椒餅』
胡椒のきいた、焼きピロシキという感じ。
猛烈にビールがほしくなります。
1個40元ほど。
d0250148_14565002.jpg





















『大腸包小腸』
ホットドッグのようなものだと紹介されていましたが
腸詰を挟んでいるのはパンじゃなくって、もち米(の超詰め)なので、お腹にドンっと。
ちょっとクセのある、野性的な味。
家族3人ともパスだったので、私ひとりで完食。そら太るわな・・・
これはたしか60元。
d0250148_14582106.jpg





















『牛肉麺』
夫と息子の期待が高かった、名前どおり牛肉入りの麺。
「甘い。」
ほのかに甘味が、というよりガッツリ甘い、予想外のお味。
私が甘いお料理を好まず、ふだん砂糖を使わないので
家族も食べつけないのでしょう、いささか箸の進みが遅かった。
d0250148_14584388.jpg

































『蚵仔煎』
絶対食べようと決めていた、牡蠣のお好み焼き。(奥はエビ炒飯)
モチネバの生地に、これもかなり強い甘味のタレが想定外。
このお店が特別に甘かったのかどうか、よそのも試してみればよかったかも。
d0250148_14585036.jpg

































『鹹豆漿』
これもぜひぜひ食べてみたかったもののひとつ、おぼろ豆腐状の豆乳。
強めの塩気と少しの酸味が美味しかった。生まれての初めて味わい。
自分でも作れたらいいな~。
食べたのはお昼ですが、朝ごはんの定番なんだとか。
たぶん20~30元くらい。
d0250148_14560167.jpg



















この揚げパンを浸しながら食べるんですが、40半ばの胃には結構こたえました。
これはなくてもよかったかも。
d0250148_14561201.jpg





















酸っぱいスープ『酸辣湯』にワンタンが入ったもの(名前を忘れた・・)
この茶色いカタマリはなんだとしきりに尋ねる息子。
豚の血だよなんて言うと、途端に箸を置くのが目に見えていたため
「さぁ?」と、すっとぼける私。
美味しいからいいの。
d0250148_14552043.jpg






















これも名前を忘れてしまった、台湾ぜんざい。
九份でたくさんの人が買っていたので、それが何かも知らずにつられて買ってみたら
めっちゃ美味しいんです、これ。
この、ボンヤリとした見た目(スミマセン)からは想像もできない美味しさ!
日本のおぜんざいよりサラリとして、豆の形もそのまま。
でも甘味はしっかり。
息子はこの時点で、一番美味しい食べものはこれと断言してました。
1杯たしか100元。
d0250148_14554391.jpg























『大鶏排』
人の顔より大きな、ジャンボチキンカツ。
夫と息子の男性チームが挑戦。
d0250148_14571883.jpg



















食べやすく切って包んでくれます。
余裕でいけるんじゃないかと思った夫ですが、やはり40半ばの胃に油がこたえたようで失速。
息子はペロっと平らげました。恐るべし7歳。
d0250148_14570416.jpg























士林夜市で食べた、牡蠣のスープ(名前忘れる)。
あっさりスープに牡蠣の旨味がしっかりと出ていて、私の中でダントツ一位の台湾グルメ。
これはもう一度食べたい、ほんとに。
d0250148_14573332.jpg























旅をふり返って、子供たちが一番美味しかったと声をそろえる、肉団子入りの麺(名前忘れる)。
上の牡蠣スープと同じお店の品です。
関西のうどんのようなやさしい薄味が、冒険続きだったお腹に嬉しかったもよう。
d0250148_14574512.jpg





















こちらのおじさんが作ってます。
d0250148_14594938.jpg




















台湾最大といわれる士林夜市はすさまじくエネルギッシュなところでした。
まさにテレビで観た台湾のイメージそのもの!
こんなにパワーの炸裂する場所でごはんを食べたのは初めてかも。

「食べることは生きること」
心の底から実感した夜でした。
d0250148_15185985.jpg















d0250148_15174744.jpg















d0250148_15185273.jpg















d0250148_15194556.jpg















d0250148_15195894.jpg















d0250148_15192830.jpg


































長くなりましたが「旅のまとめ」、お読みくださってありがとうございました。

上の写真から伝わるかどうかは分かりませんけれども
こういうエネルギッシュで熱い国の空気に触れると
「せまいとこでチマチマ考えとったって仕方ないわい!」→
と、本当に開き直れます 笑

今年はチマチマ考えずにいけそうだ!













Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
GIO INTERIOR WORKSはワンクラス上の住空間をプロデュースいたします
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-01-18 14:44 | 旅のこと | Comments(0)

台湾の建物もろもろ

台湾の超有名観光スポット、九份。
d0250148_19564027.jpg





























ああこれがよくガイドブックに載ってるあれね!撮影して初めて分かりました。




d0250148_19565276.jpg





























すごいんだもの、人だかり!
何だかよく分からないけど並んどこうと混ざってみたら、そこに出られたという感じ。



こんにちは!
ジオ インテリアワークスkanakomです。

「ええい、せまいとこでチマチマ考えとったって仕方ないわい!」

昨年いろいろ悶々としていた頃に→
こんな理由で家族を巻き込み、突発的に敢行した台湾行き。

「お母さんが暴走した。」
旅をふり返るとき、子供たちが必ず口にするこの言葉が
その背景を如実に表している気がします。


d0250148_20364446.jpg





























廃屋から民家、店舗、学校、駅舎、建設現場その他もろもろ
憑りつかれたように、撮りまくるkanakom。


今回はそんな中から、何点か選んでアップしますね。

d0250148_14383927.jpg





























台湾で一番古い長老教会,、淡水礼拝堂。
雑ですが、詳細はこちらをどうぞ→




d0250148_14302251.jpg



















協会の隣にある、滬毛偕醫館。
マカイ博士という方が始めた、台湾初の西洋診療所(跡)なのだとか。
中は、記念館とカフェになっています。




d0250148_14311424.jpg



















同じく淡水にある、紅毛城。雑ですが、詳細はこちらをどうぞ→

同じような赤レンガの建物ですが、場所はかなり離れていて
海沿いの道を歩きながら美しい夕日を眺める、というのが定番らしいんですけど
あいにくこの曇り空で、それは叶いませんでした。



d0250148_14310584.jpg





























回廊の色合いが、なかなか素敵。






d0250148_14290385.jpg



















台北駅。
大きすぎてカメラに納まらない!




d0250148_14291377.jpg



















わぁ、テレビで見た構内だ~!と、鉄子じゃないのにワクワク!
日本でいうと東京駅なんでしょうね、もう10年以上降り立ったことはありませんけれど。
構内もカメラに納まらない。
スケール感がすごい!


d0250148_21135733.jpg



















台鉄にもあった、女性専用車両。
ずっと専用なのではなくて、時間が決まっているようでした。


d0250148_21152744.jpg




















台鉄・瑞芳駅の駅前広場。
田舎のJR駅前のようで、ホッコリ懐かしい感じ。
ここからタクシーに乗って九份へ行きました。






d0250148_14295553.jpg




















観光名所・中正記念堂の89段の階段を上り




d0250148_14300745.jpg



















各国のおばちゃんたちと押し合いへし合いしながら
衛兵交代を見る日本のおばちゃん、つまりあたし。






d0250148_14284641.jpg





























台湾最大の乾物街・迪化街にある「楽布業商場」
ここの2・3階にある布市場を目当てに行ってみたものの、特に手芸好きでもない私。
そそられるものなく2階をスルーし、3階へ・・・


d0250148_14285579.jpg





























3階はインテリアファブリック系の布がほとんどで、若干そそられながら物色。
ヒカリモノがお好きな国民性なんでしょうか、キラキラ・ツヤツヤな生地多し。



d0250148_21234939.jpg





























この迪化街で乾物をあれこれ買い込んだわけですが
後に行ったカルフールでもだいたい揃うことが判明。





d0250148_14283236.jpg





























街で見かけた建確済表示板らしきもの。




d0250148_14312003.jpg





























どこぞのお宅の外構工事。



というわけで「旅のまとめ」、次回が最後です!















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
GIO INTERIOR WORKSはワンクラス上の住空間をプロデュースいたします
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-01-12 14:32 | 旅のこと | Comments(0)

台湾の街

街路樹が、まるで原生林並みの生えっぷり!
なんてワイルドな街並み!
d0250148_14163683.jpg































「え、そこ?」
息子のツッコミを左へ受け流し(古っ)、台北の街路樹のワイルドさに感動!の
ジオ インテリアワークス kanakomです。


こんにちは!
昨年末、家族で台湾へ行ってまいりました。
ご報告も兼ねて、旅の様子を数回に分けてアップしていきますね。


なんといってもまず驚いたのは、緑の多さ!
といっても、自然が多く残っているという意味ではなく
そこかしこから木を生やしているという表現が最適な、なんというか、グリーンパラダイス!?

地面からはもちろんのこと、集合住宅のベランダっぽいところからも
普通に窓からも、ワイルドに生えている(正確には、植えてある)。

d0250148_14164721.jpg




















MRTに乗って行ってみた、淡水の街の一角。
ここら一帯は、とても垢抜けた雰囲気。
角の小洒落た建物は、靴屋さんでした。




d0250148_14300734.jpg





















樹齢何年くらいなんだろう。
迫力満点な海沿いの大木。
海と緑が共にある風景には、やはりホッとするものがありました。
そこは神戸市民なだけに、ええ。






d0250148_14170568.jpg





















ちょっと物語チックに撮ってみました~。
意味はありません。






d0250148_14171630.jpg





















もうよく分からない、密林の中に建物が埋もれている感じ。







d0250148_14173918.jpg
































緑がなければ、たぶん普通の街並み。
すごくない?
中低木をアクセサリー的に配置するよりカッコいい!
溢れんばかりの生命力を感じました。






d0250148_21370697.jpg




















淡水の街並み(の、一部)。
どことなく、懐かしい雰囲気。






Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
GIO INTERIOR WORKSはワンクラス上の住空間をプロデュースいたします
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 



つづき:興味のある方はどうぞ読んでね。
[PR]
by gio06 | 2016-01-09 11:16 | 旅のこと | Comments(0)

イエという場所で営まれる、日々の暮らし。平凡で愛おしい、あるある~な日常、ときに事件!?イエ×ヒト・愛のレポートを神戸からお届けします!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30