カテゴリ:未分類( 56 )

以前、新築でお引渡しをさせていただいたお客さまのお宅へ伺いました。

「フェミニン」「ガーリー」という言葉がぴったりの、品よく女性らしい、かつ可愛らしいお住まい。
奥様の印象と重なります。

実際の暮らしが始まったお宅には住まい手それぞれのカラーが顕著に表れていて
それが家の息づかいにも感じられて、見ていてとても楽しいのです。
大切にしてもらっているのだなと、嬉しくなります。

「もっとこうしたいという希望はいろいろ出てくるんですけど
 建てるときはとてもそこまでできなくて。好みもその時とは変わってきて。」

居住している家の一室だけをとことん満足のいくようにコーディネートする場合などとは異なり、
家1棟を新築するとなると、お客さま自身が決める、考える必要のある事柄は膨大にあり
まだ存在してもいない家の、それもインテリアの設えだけを集中的に考えるというのは
お客さまのおっしゃるとおり、非常に困難だと思います。

そのために私達のような存在があるのではないのかとツッコミが入りそうです。

ご依頼をいただければ当然、ファブリックから家具から、家電も小物も、ディティールに至るまでご提案の上
リビングなり寝室なり、モデルのように完全な形でセッティングしてお渡しすることは何の問題もなくできますが
お客さまにとってはその提案がいいのか悪いのか、
家が実在していない状態では判断がつきかねるというのが実情としてあります。

家が出来て、部屋が出来て、引っ越して、暮らしが営まれてようやく見えてくるものがあり、
それが住まい手のカラーとなって家に表れるのだと私は理解しているので
暮らしながら作り込んでいかれるのが良いのではないか、かように思うのです。

ということで、リフォームリノベーション模様替えの際にはぜひ!と、ちゃっかりお伝えしてきた
神戸市・K様邸でした。(自宅からほど近いのに、迷った末にようやく到着)


玄関に花が咲いているかのような、お嬢ちゃんたちののルームシューズが可愛いです。

d0250148_10572831.jpg






























Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2017-03-01 12:24 | Comments(0)

神戸・北野坂。
まっすぐ上がると、異人館が建ち並ぶ通りへ出ます。

d0250148_14250730.jpg








































三宮で打合せがあったため、少し早めに赴いて
さんちかでイベント出店されている「きものくろ~ぜっと」さんへおじゃましました。

2014年のJAPANTEXでお世話になって以来、私に着物のいろはを教えてくれた
オーナー・水澄さんのセンスは、他の呉服屋さんのそれとは異なり、
ちょっとゴツい、ちょっと毒あり、ちょっと曲者というような
かっこいい着物や帯を多く扱われていて、その独特の世界観に魅了されます。

その会場で見てしまった、漆箔の鯉の帯。
かっこいい。かっこよすぎ。

d0250148_15353654.jpg










































そして、お値段もかっこいい。
と、そんなこんなをしつつ会場を後にして

d0250148_15335664.jpg












































北野坂にある「にしむら珈琲」へ。
アプローチを進むところからワクワクする、とても好きなお店です。

d0250148_14251401.jpg















































そして店内で人を待つ。

d0250148_14250929.jpg













































角度を変えてもう一度、北野坂「にしむら珈琲」のアプローチです。

d0250148_14251110.jpg


















































Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ

神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2017-02-25 15:54 | Comments(0)

新年おめでとうございます

旧年中に賜りましたご高配へ深謝いたしますとともに
本年も変わらぬご交誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます

d0250148_19473606.jpg
























みなさまにとって佳き一年となりますよう心よりお祈り申し上げます














Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
年末年始休業:12月28日(水)~1月4日(水)
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます

GIO INTERIOR WORKS FBページ
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2017-01-01 00:00 | Comments(0)

2016年もあとわずかとなりました。
クリスマスに今年の振り返りをしたので、今日はごくシンプルに。

2016年も良い年でした。
ありがとうございました。

楽しそうに写っていた写真を、今年のシメにします。

d0250148_19152768.jpg


























2017年は、さらに良い年になります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。










Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
年末年始休業:12月28日(水)~1月4日(水)
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます


GIO INTERIOR WORKS FBページ
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-12-31 19:26 | Comments(0)

解放

どうなることかと焦っていた大掃除も何とかなり、明日は少し余裕のある大晦日になりそうです。

d0250148_20333562.jpg






























ルンバ、買いました。

d0250148_20333151.jpg






























ダイソン掃除機、買いました。

d0250148_20333324.jpg




























「ベッド下のほふく前進」「掃除機のコード」
この激しいストレスの元から解放されて、すこぶる気分が良いです。


壁掛けテレビ用の下地と電源、電気自動車のための200ボルト電源と
時代によってご要望の増えるものはいろいろあります。

最近、掃除機の壁掛け型充電器のための下地を入れておいてほしいというご要望が増えています。
掃除機本体をセットするとかなり重量がありますので、これは必要でしょうね。

壁(石膏ボードの場合)の中には縦桟(たてざん)が、家によりますけれど、だいたい450~500㎜ピッチで入っているので
下地がない場合でも、桟にビスを揉み込めば取り付けることはできます。
場所はある程度限定されますけど、下地なんかない、ダメだ・・・、とはなりませんので大丈夫です。

安心して買ってください、ダイソン。(回し者ではありません)















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
年末年始休業:12月28日(水)~1月4日(水)
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます


GIO INTERIOR WORKS FBページ
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-12-30 21:05 | Comments(0)

偶然撮れている足元の写真が意外と面白くて、夏以降集めていたら
1年をふり返るのにちょうどいい感じの材料になりました。


夏:舞子公園をフラリと散歩

d0250148_20094866.jpg

























夏:城崎のギャラリー片岡さんで

d0250148_20095516.jpg































夏:現調中


d0250148_20100202.jpg
































秋:Living&Designの通路


d0250148_20100731.jpg


























秋:テシード大阪ショールームさんでパーティー

d0250148_20101640.jpg
































冬:道を歩く


d0250148_20102445.jpg

































冬:現場で喋る


d0250148_20102966.jpg




























いろんな格好をしていろんな場所にいたんだな。
結構面白いので、2017年も集めてみることにします。

わたし以外誰も面白くはないでしょうけど。笑




















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
年末年始休業:12月28日(水)~1月4日(水)
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます

GIO INTERIOR WORKS FBページ
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-12-28 20:30 | Comments(0)

タイトルを盛りすぎました。
エイジング加工というほどのものではありません。

ペラペラのアルミ製の、古ぼけた灰皿がほしかったのですが
そうイメージ通りのものを売っているのかどうか、探す方が大変そうだったので
とりあえずステンレス製の灰皿を調達してきました。

d0250148_13293595.jpg
























このペカペカとした艶を消したいので、サンドペーパーでこすります。

d0250148_13293811.jpg























金づちで叩いて凹凸をつけます。

d0250148_13294103.jpg




























叩いたら艶が戻ってきました。
もう一度サンドペーパーでガギガギと・・・。

なんちゃってモノはこうやって作られるのだな。

d0250148_13293219.jpg





























昭和の刑事ドラマに出てくるような、やさぐれ感を求めていたのですけど
やっぱり平成ものはどうしたって垢抜けてますな。(誰だおまえは?と自分でつっこんでみる)
いや、アルミとステンレスという材料的な問題か。

d0250148_13292939.jpg






























写真はないのですが、事務所前の路面に灰皿をこすり付けていたところ
イカレた人が何かやってる的な周囲の視線に耐え切れなくなり、やめました。
意外と派手な摩擦音が立ちますし、こんなめでたい格好をしてましたし
人に不安を抱かせることは本意ではありませんし・・・。泣

d0250148_13294496.jpg




















わたしはただ、インテリア小物を製作していただけ。









Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-12-05 16:26 | Comments(0)

『お値段以上に見せようとする労力を、自分が楽しむ方向へシフトさせれば、インテリアは俄然面白くなります。』のつづきです。

モールディングが終わったら、塗装します。
ペンキの取説には2度塗りを勧めているものが多いと思いますが
素地が透けるようなラフさが好きなら1度塗りでいいでしょうし、しっかりポッテリ塗りたいなら3度ほど重ねるといいでしょうし
自分のものを好きなようにカスタマイズするだけですから、これは好みでいいんじゃないかと思います。

d0250148_16180471.jpg




























「変人・雑人(ザツジン)・酒好き・短気」
娘は私のことをこんなふうに言いますが、この頃はこれに「おっさん」が加わっていましたっけね。

なぜかこれだけ写真が小さい・・・揃ってなくてすみません。

d0250148_16193267.jpg
























ダボ穴にペンキが入らないように注意して塗ります。
あ、よく見ると入っちゃってますね。
あらかじめ何か詰めておくと確実ですが、面倒くさくて省略してしまいました。
ダボが差し込みにくくなるので気を付けてください。

”ダボ”。
神戸では”あほ”の口悪いバージョン言葉でもあります。
子供が口にすると叱ります。
余談でした。

d0250148_16175627.jpg



























背板を入れる溝は予めマスキングしておきます。
直線なので、これは簡単。
塗り終わったらすぐに剥がしますよ。
乾いてしまうと、剥がすときに塗料がパリパリと剥げ落ちるので注意してください。

d0250148_16180860.jpg



























塗料が乾いたら、ニスを上塗りします。
艶あり・艶なし両タイプがあるので、これは好みで選びます。

濡れ色になるので、仕上がりは塗料本来の色より若干濃い目になります。
塗らない方が塗料の色がそのまま出てキレイなのですが、塗装面を保護しておかないと
棚板をセットしたり、硬い本がこすれたりしたとき、塗膜がはがれてガックリくるので、これは省略しない方がベターです。

d0250148_16182720.jpg




























次は、背板を化粧するクロス(壁紙)を準備します。
ファブリックでもきっと可能だろうと思います。
実際にやっていないので、断言はできませんが・・・。

これはサンゲツのクロスです。
国産クロスはひと幅が約90㎝あるので、一枚(というか1本)で貼れますが
輸入クロスはひと幅55~65㎝ほどのものが多いので、背板一枚につきクロス2枚(というか2本)必要になります。
柄合わせも必要ですね。
結構手間がかかるので、国産クロスの方がお勧めです。

d0250148_16182389.jpg




























クロスの中心にガイドラインを引いておきます。
背板の中心にも同じようにガイドラインを引きます。
このラインが重なるように貼っていくと、ずれたりすることが少なく綺麗に仕上がります。

d0250148_16183175.jpg



























接着には、3Mのスプレーのりが便利。
いろんな種類がありますが、しっかり接着したい場合は紫がお勧めです。

切り貼りタイプのプレゼンボード(データじゃないやつ)を作るときは、赤いのをよく使っていました。
接着力が強くないので、何度でも貼り直しがききます。

d0250148_16183640.jpg




























はみ出たクロスはカットしてくださいね。

d0250148_16534871.jpg






















最後、クロスを貼り終えた背板を差し込みます。
クロスを貼った分だけ背板は分厚くなっているので、そのまま差し込むと無駄な力勝負になります。
(無駄な力勝負を実際にやってしまった・・・)

溝の深さが3㎜前後なので、背板のクロスの両端を3㎜ほど、予めカットしておくと良いですよ。
カッターの刃を軽く当てて引いておいて、ペリペリと剥がします。

写真がないので非常に説明が難しいです。
「???」な方はコメント欄からお問合せください。


d0250148_16180096.jpg





























棚板をセットして完成です。
気力は多少必要ですが、腕力が要りそうな工程はなかったでしょう?
無駄な力勝負を除いてですが。

d0250148_16233269.jpg



























考えるより実際やってみた方が簡単なことって意外と多いような気がします。
インテリアもしかり。
自分好みにカスタマイズして、小さな部分から思い切り楽しんでみてください。
だんだん視野が広がっていきますよ。




















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-11-24 17:18 | Comments(0)

事務所で使っている本棚は、イケアのBILLYです。
同業者(つまりICさん)は目がいくようで、「イケア?」「自分でやったの?」「えー?」と
普段あまり目を向けられることのない奥の本棚が、にわかに注目を集めることがあります。

イケア・ニトリの商品というと、インテリア業界の人間からは目をひそめられがちな品質(オブラートに包んで表現しています)ですが
この2店の台頭によって、インテリアに興味を持つ人は格段に増えました。
インテリアが、お金持ちの道楽ではなく、誰にでも身近なものになった。
その功績はとても大きいと個人的には思っています。

ただ残念ながら、お値段以上には見え難い。
ならばいっそカスタマイズして楽しもう、その方が面白い、というのが今日ブログの趣旨です。


車の点検のや車検のとき、ディーラーさんが代車を用意してくれますね。
私は赤い車に乗っているのですが、代車の方がいいやつなのにそこに興味がないので、
単純にボディカラーが赤くないという理由で、乗ると非常に気分が下がったりします。

私はレトロなブルーと赤との組合せと、ゼブラ柄が大好きなので、事務所では好きな色柄で構成されたものに囲まれたかった。
品質を求めていなかったので、イケアの書棚をカスタマイズしてみました。
予算的な都合で赤いシャンデリアは断念しましたが、椅子は赤いのを置いています。

これはBILLYに、塗装とモールディング、背板の化粧をプラスしています。
女性ひとりでもできますよ。
体力腕力ともになしの私が、ひとりで完成させているので大丈夫です。

ではそのプロセスをご覧ください。私もやってみようと思ってもらえると嬉しいです。

d0250148_16262661.jpg





























塗装が前提なので、迷いなく白を購入します。
経験上、中途半端に突板(木のスライス)や、木目シートを貼ってあるものはあまりお勧めしません。
悪いわけではない、でも良くもない、結局中途半端になります。

木が好きなら、ちょっと頑張って良いのを買う。
最終的にその方が、気持ちも空間も満たされます。

d0250148_16281414.jpg

























電動ドライバーを使うと、組立は短時間でできます。
穴の位置とか数とか、よくできてるなと思いました。

軍手は必須です。素手に直接衝撃を受けたりすると気持ちが折れそうになります。

d0250148_16242084.jpg
























組立が完了したら、モールディングをつけていきます。
モール材も売られていますが、使ったのはホームセンターに普通に置いてある、工作・装飾用の材料です。

のぺっとした木口に凹凸をつけたかっただけなので、この場合はこれで十分でしたが
デコラティブに盛りたい場合は、アール(曲線)に加工されたモール材などを使ってくださいね。
デザインもいろいろ揃っています。

d0250148_16243011.jpg
























工作用なので、ハサミで切れるのがいいところ。
私はイラち(短気)なので、こういう細かい材料のカットに時間を取られると気持ちが続きません。

d0250148_16251313.jpg

























接着は速乾ボンドを使います。これはとっても便利。
木工用ボンドは乾くのに時間がかかるのでやめましょうね。

d0250148_16245136.jpg

























片手で撮影しながらは難しかったです。
手が止まると、そこだけぶちゅ〜っと出てしまうので気をつけて。

d0250148_16252535.jpg
























棚板の木口にまず1種類目を貼りました。
塗装するので、色の違和感は無視して大丈夫です。

d0250148_16253782.jpg
























さらにもうひとつ重ねます。

d0250148_16254966.jpg
























台輪(棚を支えている一番下の部材)も、のぺっとしているので、細工をして隠します。
使用したのは高さの異なる幅木2種類。
これはハサミでは切れませんので、自分で切る場合はノコギリが要ります。
ホームセンターで買って、カットしてもらうと楽チンですよ。
寸法の指示は正確に。
ただの飾りなので、くれぐれも荷重がかからないよう注意してください。

d0250148_16250314.jpg
























いつだったか、プラスチックの大振りなアクセサリーが流行った時代がありました。

「本物っぽいのを選ぼうとしないのよ、本物に見えるわけないんだから。ニセモノはニセモノとして思いっきり楽しむの。」

テレビ番組でオネエのファッション評論家さんが言っていたのですけど
それが誰だったかも忘れてしまったのに、この言葉は私のインテリア観を構成する一部になっているという不思議。


長くなったので、次回へ続きます。






















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
*****************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-11-20 18:06 | Comments(0)

アンティークとヴィンテージの違いって何ですかと尋ねられたことがあるので
その違いについて書いてみます。

アンティーク=エレガント・優雅・女性的
ヴィンテージ=無骨でかっこいい・男性的
という、テイストの違いだと捉えている人が意外と多くて逆に驚いたりします。


”アンティーク”は、資産的・文化的・美術的価値があるないにかかわらず
作られてから100年以上経過したもの。”骨董”も同義語です。

”ヴィンテージ”は、作られてからの経過年数が25年以上100年未満のものをいいます。

定義はいろいろあるようでなかったり、実は意外と曖昧なのですが
私は前途のような前提で言葉や商品を扱っています。

作られた年代が異なれば、当然テイストの違いは出てきます。
時代背景も大きく影響しますしね。

高砂ショウハウスを『英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ』と表記しているのも
扱っている商品の作られた年代がそれぞれ違うからです。
ご理解いただけたでしょうか。


d0250148_17054729.jpg




















ちなみに”古民家”は、日本の伝統工法によって建てられた築後50年経過した建築物を指すことが多いですよ。
多いというのは、厳密に言えばこれもいろいろと定義があったりなかったり、実は曖昧なものだからです。

日曜日に酒を飲みながら書くような内容でもありませんけど、少しスッキリした!って人もたぶんいるでしょう。
写真は全く関係のない、うちの猫1号です。















Copyright (C) 2012 GIO INTERIOR WORKS All Rights Reserved.
******************************************************************
英国アンティーク/ヴィンテージ家具ショップ『高砂ショウハウス』
営業カレンダーはこちらからご確認いただけます
GIO INTERIOR WORKS HP
d0250148_11491607.jpg 
インテリアデザイン・コーディネートのご相談はジオインテリアワークスへお気軽にどうぞ
神戸を中心に大阪~姫路エリアのデザインリフォーム・リノベーションを承ります
*****************************************************************
クリックありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 


[PR]
by gio06 | 2016-10-30 17:28 | Comments(0)

イエという場所で営まれる、日々の暮らし。平凡で愛おしい、あるある~な日常、ときに事件!?イエ×ヒト・愛のレポートを神戸からお届けします!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30